DNPコーポレートサイト トップページが別ウィンドウで開きます

第3回社内ハッカソン<前編>

2019年11月11日

今回は社内ハッカソンのお話です。
色々な企業がイノベーティブな取り組みとして社内ハッカソンを実施しています。
当社も流行りに乗じたわけではありませんが、今回で第3回の開催となりました。

当社では以下を目的として社内ハッカソンを開催しています。

①“イノベーション”を考えるきっかけとして

 →通常の業務に忙殺されてしまうので、考える機会の創出

②“コミュニケーション”活性化の場として

 →やはりどうしても部署ごとに縦割りになりがちになるため、横のつながりや新しい人脈形成の機会の創出

③“モチベーション”の維持、向上の一つとして

 →新しい技術や使ってみたい技術を試せる機会の創出

大層な目的を掲げていますが、結局は参加者が楽しめたらそれで ALL OK なイベントです。

ハッカソンと言うと、1日・2日で貫徹しながら企画~開発~プレゼンテーションまで一気通貫で行うのが一般的ですが、
当社ではアイディアソンとハッカソンを2タームに分けて実施しています。
アイディアソンとハッカソンの間には約2週間程度あり、その間はチームワークを実施してもらいます。

業務の合間に作業することになるので、参加者は大変ですがハッカソン自体、初体験という参加者も多く
短期決戦だと慣れやスキルの差が顕著にでてしまうことや、作り切れないなどということもあり得るので
この形にすることで、どのチームもある程度の成果物が出来上がります。

ザックリとしたタイムテーブルは以下の内容です。イベントでもありますが、研修でもあるため講義もおこなっています。

午前 UI/UXの講義
午後 アイディアソン
チームミーティング

■UI/UXの講義

当社のデジタルエクスペリエンスデザイン部のメンバーが
講師となってトレンドや事例など UI/UXの講義を実施。

UI/UXの講義風景

■アイディアソン

今回のハッカソンのテーマは「お金」
なかなか奥が深く難しいテーマですが、参加者の皆さん
頭をフル回転して頑張っていました。

個人ワークでアイディアの発散を行い、グループワークで
アイディアを収束、最後にまとまったアイディアを
各自1アイディア=1シートにまとめます。

今回6チーム×6名 の参加者のため、最低36アイディア生まれますが
今回のアイディアソンでは87アイディアが生まれました。
一人当たり2.4枚書いた計算になります。

アイディアシート

■チームミーティング

アイディアソンのアイディアシートを元に、
誰のアイディアを使おうか?新しいアイディアを考えようか?
チームミーティングで今後の方向性や役割分担など決めていきます。

チームミーティング風景

ということで、次回はハッカソン<後編>をお楽しみに。

Written by N.MIYAZAKI