DNPコーポレートサイト トップページが別ウィンドウで開きます

Tech&Funのコーナーについて

2019年4月1日

Tech&Funのコーナーでは、DNPデジタルソリューションズの社員が、日々取り組んでいる技術開発のトピックやノウハウ、参加したIT関連のイベント、また有志によるクリエイティブ活動などを不定期で発信していきたいと思います。

今回は、コーナー最初のエントリーなので、DNPデジタルソリューションズではこんな事もやっているんだ!と思われる様な内容を紹介していきます。

 

DNPデジタルソリューションズでは、「エクスペリエンスデザインを重視したシステムインテグレーション」を標榜していますが、UI/UXへの取り組みは長く、Flash全盛期から様々なリッチなコンテンツ表現、使いやすさを追求したユーザーインターフェースデザインのノウハウ獲得やプロセスづくりを行なってきました。

上記は、そのプロセスを一枚で表したものですが、DNPデジタルソリューションズでは、システムインテグレータ、デベロッパー、デザイナーがワンストップで、得意先のその先のエンドユーザー(生活者)のユーザ体験を、限りあるリソースの中で最適な提案/構築ができるよう事に日々取り組んでいます。

 

また、Webサイト向けのシステムやスマートフォンアプリを使ったサービス開発だけでなく、DNPデジタルソリューションズでは、美術館やショールームでのデジタルインタラクティブシステムの技術開発や案件対応も豊富に取り組んでいます。

過去の事例では、DNPとルーブル美術館による「ルーブルDNPミュージアムラボ」や、フランス国会図書館との「体感する地球儀・天球儀展」は、DNPデジタルソリューションズのオフィスがある五反田ビルで開催しました。

 

現在では、Ginza Sony Park内の「artscape GINZA」で、ARを使った展覧会やアート作品紹介の場があり、ただいまオリジナルエキシビジョン「AAAR展」を開催しているので、お近くにお寄りの際にはぜひご体験ください。(アプリのDLはこちらから)

 

また、オフィスの会議室の一部を改造し、Amazon Echo、Google Homeとそれらと連動する照明/ワイヤレス機器、近接プロジェクタ、マイクロソフトのHoloLens、HTC ViveなどのVRシステムを置き、さらにSonyのaiboがうろつくリサーチルームを作ったりしています。そこで音声スピーカーを使ったソリューションの検証をしたり、Mixed RealityやVirtual Realityのデバイスを使ったインタラクティブの開発を行ったりしています。

 

最後に、DNPデジタルソリューションズでは社内外のハッカソンや、海外で開催される展示会、デベロッパーカンファレンスなどの参加も積極的に行われています。今年もバルセロナで行われたMWC 2019や、テキサス オースチンで行われたSXSW 2019にも参加してきました。なんとSXSWのハッカソンのコンテストでは、DNPデジタルソリューションズの社員も参加したDNPグループのチームが3位入賞!しました。

 

今後こちらのイベントのレポートもこちらのサイトで紹介していきますので、公開されたらぜひご覧になってください!

  • Written by D.IKUTA