社員紹介

Web
Designer

美術学部出身
2018年入社 › 4年目

仕事の一例
食料品会社:コーポレートサイトデザインリニューアル
自動車部品メーカー:ブランドサイトデザイン制作
金融会社:フォームUIUXデザイン、イラスト制作 など

Webデザイナーとして働いています。
基本的にはWebディレクターからWebサイトやスマホアプリのUIデザイン作成の依頼を受けて、デザインを作成しています。
競合他社の調査やイメージスケールなどを用いてクライアントが求めているものが何かをヒアリングしつつ最適なデザインを検討し、クライアントの思いを形にしていきます。
また、デザイナー自身が直接クライアントにプレゼンをしたり、フロントエンドエンジニアに対して画面の動きについて指示をしてデザインが実現可能か検討をするなど、社内外の様々な人と関わりながら一緒に作り上げていきます。
依頼によってはプロトタイプを作成したりイラスト制作や動画編集、写真撮影などクリエイティブに関わることを幅広く行います。

Interview

当社に入社しようと思った決め手は?
多趣味な為、自分の時間を優先できるところで働きたいと考えていました。
説明会を聞きに行った際に、先輩社員から福利厚生が充実していることに加えて、フレックスタイム制であったり有給休暇が取りやすい環境で、自分の裁量で働けると聞いたことがきっかけで興味を持ちました。
また、Webデザイナー職は特定の業界のデザインしか行わない企業も多い中、DNPグループはクライアントの数が多いので様々な業種のデザイン制作ができるところに惹かれました。
今までは美術業界の人としか関わってこなかったので、幅広く様々な人と関わってみたいと思ったことが決め手です。
入社から現在まで、一番うれしかったこと、もしくは、一番大変だったことは?
クライアントから次の案件も名指しで依頼してもらえたことです。
毎週2時間の定例会議に加えて、デザインの説明など個別の会議を何度も繰り返してコンテンツ内容やデザインを精査し、デザインや動きの細部にもこだわって進めていた案件がありました。
スケジュールがタイトな中、得意先のこだわりが強く何度もデザインの作り替えが発生してとても大変でしたが、無事にリリースされた後クライアントにとても喜んでもらえて、次の案件もぜひ私にとお願いしてもらえました。
デザインを評価してもらえたことと妥協せずに最後までやり遂げた達成感、そして何よりもクライアントと信頼関係を結べたことが嬉しかったです。
仕事をするうえで心掛けていることは?
感覚的なイメージをできる限り言語化することです。
ビジュアルが出来上がるまでに「かっこよく」とか「いいかんじに」のような抽象的な言葉が多く飛び交うので、実はお互い想像しているイメージが全然違うこともあります。そのような認識の齟齬をなくすため、ヒアリングを重ねたりイメージスケールであったり類似サイトのイメージを見せつつ「どういう意図でこのデザインになったか」というデザインのコンセプトをしっかり説明するように心掛けています。
入社してから成長できた点をおしえてください。
以前は人とこまめな連絡を取ることが苦手で、最低限の連絡さえ取っていればそれで良いと思っていました。しかし、様々な人と協力して仕事を進める中で円滑に案件を進めるためには、より丁寧なコミュニケーションを取ることが大事だと思うようになりました。テレワークが主流になった今では特にに、相手に伝わりやすいような書き方をしたり、なるべく相手が手間取らずに次のアクションを起こせるような伝え方をするように気遣えるようになったと思います。
これから手掛けてみたい仕事は?
デザインのクオリティを上げるだけでなく、コンテンツの見せ方や内容から積極的に案件に関わったり、案件の進め方の是非やユーザビリティ、システムの実装の可否判断など上流の仕事も含めてできるようになりたいと思っています。そのためにできる限り様々な案件に取り組んで、経験値を上げていきたいです。
DNPデジタルソリューションズの好きなところ・いいところは?
上司や同僚が皆優しくて気さくで、人に恵まれたところです。
進め方やデザインで悩んだ時、いつも上司や同僚が相談に乗ってくれます。
最近おすすめのゲームの話から仕事の話まで気軽に話すことができ、忖度せずに意見を良い、互いを尊重しあえる環境なので居心地が良いです。

Daily Schedule

  • 10:00AMは家でデザインの作業を進めます。
  • 12:30テレワークを活かして犬の散歩をしてから出社します。
  • 15:00イラストのラフを作成中。
  • 17:30新技術習得の活動に参加中。脳波を計測できるデバイスを使ったデモの実験をしています。
  • 20:00退勤後は同僚と銭湯に行きました!
  • OFFオフの日は美術館やギャラリー巡りをします。

MESSAGE

社会に出てみると、否が応でも苦手なことと関わることがあり、思い通りにいかないことも多々あります。
そのような時に、就活で自己分析を重ねて自分自身の考え方の癖やものの捉え方がわかっていれば、困難に対してどう向き合えば最適かわかります。
自分が社会にどう関わっていくかを考えなくてはいけない就活は大変ですが、自分自身を見つめ直す良い機会でもあります。周りに囚われず、頑張ってください。