DNPコーポレートサイト トップページが別ウィンドウで開きます

Webディレクター

システムデザイン学部出身
2017年入社 › 3年目

仕事の一例
衛生用品メーカー:サイト制作
東京2020オリンピック関連:特設サイト制作
中古車販売会社:中古車売買サービスアプリ制作

Webの企画制作ディレクターです。これまで既存のWebサイトの定期更新業務に携わっていましたが、Webサイトやアプリの立ち上げなどの新規案件も扱う部署に異動になり、業務の幅が広がりました。クライアントと制作スタッフの両方とコミュニケーションを取り、プロジェクトを円滑に進めることがディレクターの役割です。
業務の流れは、まずクライアントからの依頼(Webサイトの改善や修正など)を整理し、次にマークアップエンジニアやデザイナーが作業しやすいように必要な情報を整理して制作依頼を出します。その後、できあがった制作物について依頼内容が反映されているかをチェックし、サイト公開の手配をします。これら一連の作業の進行管理やスケジュール管理をしています。

インタビュー

当社に入社しようと思った決め手は?
Webデザイナーを志望して就職活動を行っていましたが、企画段階からプロジェクトに携わることができるWebディレクター職に惹かれて、DNPデジタルソリューションズに応募しました。当社に決めた理由は、職種が魅力的だったことに加え、多種多様な業界のお客様との接点があり、関われる制作物の幅が広いことと、福利厚生が充実していることです。
入社から現在まで、一番うれしかったこと、もしくは、一番大変だったことは?
初めて新規案件の企画を行った時が大変でした。何から始めれば良いのかも分からない状態でしたが、上司や先輩方にとにかく質問し、たくさんのアドバイスをもらい、やっとの思いで企画書を完成させました。企画のプレゼンはとても緊張しましたが、無事終えることができ、様々な方から「プレゼン、上手くいったね」と言っていただけてとてもうれしかったです。
仕事をするうえで心掛けていることは?
会話の中で気になった点をその場で質問し、理解するように心掛けています。
ディレクターはクライアントと制作スタッフとの橋渡しの役割なので、打ち合わせで意見を聞いたり、質問をしたりする機会が多くありますが、常に相手に時間を割いてもらっているという感謝を忘れないようにしています。
入社してから成長できた点をおしえてください。
優先順位を考え、計画立てて動くことを意識するようになりました。
複数の案件を同時に進めることが多く、マルチタスクになりがちなので、いつも作業を分解して優先順位をつけてから取り組んでいます。時間がかかりそうな作業は、序盤だけ手を付けてみて、感覚を掴んでからスケジュールに組み込むこともあります。
これから手掛けてみたい仕事は?
Web解析士の資格取得に向けて勉強しているので、仕事にも活かしていきたいと思っています。
アクセス解析からWebサイトの改善提案までを自分の力でできるようになりたいです。
DNPデジタルソリューションズの好きなところ・いいところは?
研修・教育制度が充実しているところです。
入社して最初の半年間は研修を行い、業務に必要な知識を体系的に学ぶことができました。その後も教育係として先輩が指導してくださいます。どんな些細なことを質問してもみなさん丁寧に答えてくださって心強いです。
  • 10:00新規で制作するサイトの構成を考えています。
  • 12:30同期と食堂でお昼ごはん。毎日リラックスできる時間です。
  • 14:00お菓子を食べながら黙々と作業中。
  • 15:00これから先輩と得意先へ定例ミーティングにでかけます。
  • 17:30定例ミーティングが少し早めに終わったので買い物をして帰ります!
  • OFF休日には神社巡りをして御朱印を集めるのが趣味です。

迷ったらまずは行動することを心掛けていました。
少しでも興味があるイベントには参加してみて、たとえ自分に合わなくても、そこから自分が求めていたことが分かるかもしれません。
不安が多いとは思いますが、無理をせず頑張ってください。