DNPコーポレートサイト トップページが別ウィンドウで開きます

デザイナー

美術工芸学部出身
2016年入社 › 4年目

仕事の一例
化粧品会社:ブランドサイト制作
玩具メーカー:ブランドサイト制作
自動車メーカー:案内アプリ開発

デザイナーとして働いています。Webサイトやスマホアプリなどの見た目に関するUIデザインを主に担当しています。Webディレクターを通して、デザインの依頼を受けた後、クライアントにイメージやモチーフについて直接ヒアリングをして、「女性的でエレガントにしたい」というような想いをデザインに落とし込んでいきます。デザインができあがった後は、アニメーションなどについてマークアップエンジニアと相談し、HTMLやJSなどでどのような構成にするかを決めて、ページを制作してもらいます。
学生時代から使用しているPhotoshopを中心に制作していますが、最近はAdobeXDやSketchなどのWeb/UIデザインに特化したツールも勉強しながら制作しています。

インタビュー

当社に入社しようと思った決め手は?
金融会社からゲーム会社といった幅広い業界・業種のデザイン制作ができるところです。
特定のクライアントからの依頼しか受けないデザイン制作会社がある中で、限定されずに様々なデザインテイストに挑戦したかったため、会社説明会で「アーケードゲームのWeb制作や鉄道会社のアプリ開発に携わっている」というデザイナーの話を聞けたことが決め手となりました。
入社から現在まで、一番うれしかったこと、もしくは、一番大変だったことは?
一番うれしかったことは、諦めずにねばったところを身近なユーザーに褒めてもらえたことです。
アプリ内において、クライアントの想いを一つの小さなアイコンで表現しなくてはならない案件がありました。ユーザーに伝えたいたくさんの情報を一つのアイコンだけで、分かりやすく簡潔に、かつ周りのデザインテイストと合うようにしながら表現することはとても大変でした。先輩にアドバイスをもらいながら何度も作りなおし、色々なパターンを試して、ようやく完成しました。リリース後、アプリを使用した友人から「とても小さいのに、なんのアイコンか分かりやすい!」と言われたときは、最後までこだわったポイントがユーザーに伝わった瞬間だったので本当にうれしかったです。
仕事をするうえで心掛けていることは?
ユーザーが本当に求めているものは何かを考えながら制作することです。
デザイナーの思い込みや好みのせいで見づらく、使いにくいサイトにならないように、制作したデザインを客観的な視点から見返したり、周りのデザイナーやディレクターへ積極的に相談したりするように心掛けています。
入社してから成長できた点をおしえてください。
デザインの知識だけでなく、ITの知識や技術を習得できた点です。
学生時代は紙媒体を主に取り扱っていたため、ITの知識はほとんどありませんでした。しかし、入社後に先輩方の手厚い研修・指導のおかげで、今ではデザインだけでなく、HTMLやCSSなどのコーディングもできるようになりました。
これから手掛けてみたい仕事は?
漫画やゲームなどのエンタメ関系やファッション関係の仕事をもっとやりたいです。
現在、化粧品会社などの仕事をする際に、新商品やキャンペーンについてのコンセプトやクライアントの想いを間近で聞き、それをデザインとして落とし込むことがとても楽しいので、自分の好きな業界のデザインも担当したいです。
DNPデジタルソリューションズの好きなところ・いいところは?
いい人しかいないところです。
上司や先輩のみなさんがびっくりするくらい優しいです。今までどこに隠れていたんだってくらいです。笑 分からないことがあれば自分のことのようにじっくり考えてくれるので、仕事以外のことも相談にのってもらっています。
  • 10:00出社。早速Webサイトのデザインを始めます。
  • 12:30お昼は食堂で。近くに美味しいご飯屋さんがたくさんあるのでたまに外で食べます。
  • 13:00食後、同期と会社の周りを気分転換に散歩。
  • 15:30会議。ディレクターさんとサイトの運用ルールについて話し合っています。
  • 17:00新人に教育中。Photoshopについて教えています。
  • OFF最近、友人とスウェーデンへ旅行に行きました。

就活はとても辛かったです。何をしたいか、どうなりたいか、自分の嫌な部分ばかり考えて落ち込むことも多かったです。しかし「これだけは譲れない!」と大事にしてきたものを発見できたので、とてもいい機会だったと思っています。周りのことはあまり気にせず、自分に正直に挑んでみてください。